さて、3日目の最終日、早々と目がさめると東京はめずらしく雪とのこと。

同じようにセイコーマートでおにぎりを入手して、本日も抜海までひとっ走り。

昨日より少し雪山が片付けられているが、あいからずの雪道をブリザックVRX2でガタガタゴトゴトと進んでいく。

街を抜けて日本海沿いまで出ると、利尻富士が少しだけ見えている。

本日は抜海にてキハ54も撮影しておく。これも国鉄型である。

いつもの抜海駅先のコーナーも晴れは初めてなので、撮影しておく。

雪は少ないく奥の踏切まではウィングも閉じていたが、サービスで雪を飛ばしてくれたようだ。

昨日1日晴れていただけに、さらに磨きがかかった高速をブリザックVRX2はシュワーンと雄信内俯瞰までひとっ飛び。

今日も晴れ、誰も登っていない雄信内俯瞰の上段へ途中まで上がった。

枝が多くてなかなかアングルが厳しい、利尻富士は残念ながら雲の向こうで見えない。

PLフィルターを使うのを忘れてしまったが、いままで最高の光景である。

そして昨日と同じく歌内のカーブまで来たが、完全に回送であった。宗谷本線はこれ以上南下しても撮れない。

素直に旭川方面へ戻ることにし、途中の音威子府駅進入で最後の撮影とした。

音威子府の蕎麦屋さんは店主の逝去にともない完全閉店したそうだ。7年前に食べたのが懐かしい。食べられる時に食べ、撮れる時に撮る。

いつもは千歳まで帰っているので、旭川空港だとかなり気が楽である。

あまりに調子よく帰ってきてしまって、4時間も潰さなければいけない状況に思わず、石北線のラッセル撮影に向かってしまった。

本来は比布(ピップ)JCTで左へ曲がるべきだったが、通り過ぎてから気づいたので、旭川北ICで降りて折り返した。

撮影地は比布JCTの手間で気づいていれば愛別辺りで丁度良い明るさだっただろうに、もうかなり暗い。反省は次回に活かす。

来シーズンは相当減っていると思われるキハ40も捕獲することができた。

しかし次の駅で交換してくるラッセルが来ない、通過予定から20分ほどまっているがマイナス20度近いのか、フードが凍れてしまった。初めて見た。

複線型の石北ラッセルが通過した時には、ほぼ真っ暗、ISO16000の1/250、F5.6とかいうギリギリすぎるコンディションであった。

ほぼ闇鉄

冷え切った体をガンガンの暖房で暖めつつ、旭川空港へ向かう。

千歳空港の周りとは道路状況がまったくことなる、暗い凍結路面は疲れるので、高速で千歳まで行く方が良いかもしれない。

三脚とスーツケースを預けて、祝杯とラーメン。

このラーメンは微妙であった。結局3日北海道にいてコンビニ飯以外は不味いラーメン2杯のみ。

千歳空港なら美味しいラメーンあっただろうなぁと…

|

地元駅からガラガラとスーツケースを引いて帰宅。

なにはともあれ、無事帰ってこられてよかった。3日も一人で北海道をうろついて文句一つ言わないカミさんに感謝である。

ほぼ99%雪道を800km移動した、加齢のせいもあるが、凍結路面の運転は疲弊するので、北海道遠征もこれで最後になるかもしれないと思った。

1件のコメント

  1. ラッセル車の顔が良いですねぇ!最後の闇鉄良い写真だと思うのですが。
    スキーの帰りにたまに、雪に遭って都内まで降っているとフロントガラスに当たる雪が雨と違って気になるし路面も気を使うからいつも以上に疲れたの思い出します。
    お蕎麦の不味いのは何と無く我慢して食べられるけどラーメンの不味いのは辛いよねぇ!と以前友人と話していたけど、やっぱりラーメンは美味しくないと!(笑)
    あとワンちゃん「お土産は?」と言う顔してますよ(笑)

    こいで
  2. >こいでさん
    コメントありがとうございます。
    下りのラッセルは夜に走っているので、夜をメインで撮る人もいます。
    暗い凍った路面が続くと心折れます。北海道に来たことを少し後悔する瞬間ですね(笑
    ラーメンは五反田で仇討ちました。

    デモドリ

コメントは受け付けていません。