2019.09.19

アオシマ DD51 7

つい、釣られて買ってしまいました。

3本パックボックスも外からチームが判別できるので安心です….が、

近所の酒屋にありません。<今更なのですね。

仕方ないので6個セットをアマゾンに頼むしかなかった。本当に仕方が無い。

頑張って消費せねば…

さて本題のDD51

難関の台枠が終わったので後は部品を付けて行きDD51らしくなるのを楽しみます。

めちゃくちゃ繊細のパイピング、、、は置いておいて

一番のデカ物は燃料タンク、

6面にディテールが入っているので、パーツは6個に展開されてます。

もうちょっと良いパーツ構成には出来なかったものか…

|

パーツの成型色が余計な所で赤とグレーが混じっているのもオツなのかも。テストショットみたいです。

下回りがミチミチだと重量感が出て良いです。

つづく

2019.09.18

アオシマ DD51 6

山手線の新型車両というか、もう割合的には新型の方が多いので、右が旧型扱いです。

残り10編成で50編成の配備完了らしいので、E231を見られるのも来年春くらいまでですかね。

さてアオシマDD51の工作では最大の山場である台枠を組み立てます。

上部構造物を先に仮組みしたのは下から組んで辻褄が合わないと隙間等を上で調整しないとならなくなるからです。

タミヤのようにパチピタってわけじゃないので、辻褄合わせは目につかない足回りで吸収します。

いきなりインストとは違う手順で連結器基部を接着します。

次に箱梁部分を接着します。

油断すると薄いグレーの部分が波打ったりするので慎重に接着剤を流し込みます。

最後に両脇の梁を接着してやります。

裏側のパーティングラインが結構邪魔ですが、どうせ見えないので横から見えない程度で切り上げます。

梁は直角に立つように、注意されてますが、かなり擦り合わせしないと90度にはなりません。

接着されたら直ぐに仮どめテープ外します。

デッキ部分が薄く長いので、ストレス受けた状態が続くと歪んだままになりそうです。ってこの辺全て大分のオジサンの記事を参考にさせていただきました。ありがとうございます。

厳密には90度になってませんが、見えなくなるのでホドホドで良いでしょう。

足回りがスカスカでカッコ悪いので砂箱とか燃料タンクを作っていきますかね。

 

2019.09.17

アオシマ DD51 5

先週末は43off会が開催されたとのことで..

「会場は去年限り」と皆さんを放り出してしまったようで、気がかりでしたが、さすがオペンスキーさん人脈。

某会議室なんかより、余程良い場所になって良かったと思います。

私個人として一定のテンションで同じ事を長く続けるのが苦手で、やはり変化は必要かと思いました。スイマセン

今年の静岡もほとんど車で寝てたし、来年の静岡も止めという選択肢が有るのか無いのか?思ってます。

さて、本題のDD51

ボンネットを接着しちゃいます。そんだけ。

台枠側も調整して組み立てて行きます。

つづく

 

2019.09.13

アオシマ DD51 4

家では真面目に仕事、会社の定時後は..ビール

日曜日は藝大でビール

黄色いバンドは成人の証と、チェック欄があり5本呑む毎に新しいバンドが必要で飲ん兵衛対策です。

カミさんと娘が芸祭を見に行くっていうから、新しいレンズを使いがてら付いて行きました。

芸祭の方は作品も素晴らしいですが、学内に入る機会が稀と思われるので、それを中心に撮りました。

28mm常用から突然35mmなので戸惑います。

|

|

絵画棟には洗い場がイッパイありました。

作品の画像はほとんど撮って無くて、じっくり見てきました。

1枚だけ撮ったのがありました。

どちらかと言うと後ろの変形校舎がメインですが、ここに人形置いた作者は良いなと思いました。

本題のDD51

アンテナ設置用の屋根切り欠きを戻します。

800番台用の屋根から端材を切り出し

接着

整形

つづく

 

Next »