鼻血レポートはまだかって話もありますが、先に無能の巻というか製作顛末

今年は3台も作ってしまった(Dはリペイント)ので大変でした。

台を1ヶ月前に新規作り直ししたのが響いた感じもあるけど、どうせ直前までエンジン掛からないんです。

さっそく本題

雪の素材は以下2個が手持ちです。グラムさんの閉店セールで偶然入手したものです。

左の製品の細かさはなかなか良いです。右は少しオーバースケール1/16くらいなら丁度良いかな。

左の雪をファレホのシンナーなどで積もらせていきます。
すこし厚め(実寸30cmくらい)積もった雪から草が顔を出している表現にするには下地に白い紙粘土などが必要です。

今回は見積もり甘かった。

路面も溶けたドロ雪

枯れ木にも若干の雪

当初落ちた橋には雪無しでしたが、それも不自然なので滑り落ちた雪が残った感じを目指したです。

ジェルに極少量のホワイトを入れて薄い泡を再現して、水没した物と水面の境界に白い線を引いていきます。

これでグランドワークは完了です。

車体右側の空間が空いてしまったんですが、シリコーン流してしまって修正不可能ですねー

車体のウォッシング中に時間切れなので続きは…

水芸と雪芸の2種楽しめました。

平行してE型も作ってました。ヘアスプレーの剥がしがくどくなったのが残念。

転輪とゴムのクリアランスが無いので両側の塗装面をカッターで削る手間が痛かった。

ベースのジャーマングレーもガルパンと同じじゃ薄かったです。やり直したいなぁ。

デカールを貼ってやります。砲塔番号とか適当です。

履帯を装着しドリルでギューンと固定

フィギュアを塗る暇がなかったけどこれでなんとか…

というわけで3台なんとか持って行ける状況になりました。

当初計画していたことはほぼできました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
車体 前フェンダー .
.
後フェンダー .
.
ジャッキ台 .
.
OVM類 .
.
ハッチ .
.
ベース塗装 .
.
基本色塗装 .
.
迷彩塗装 .
.
汚し .
.
フィギュア 将校 .
.
軍曹 .
.
ベース 川底 .
.
崩壊橋 .
.
橋欄干 .
.
水シリコン .
.
橋脚コンクリート .
.
橋上部 .
.
表面波 .
.
岸芝 .
.
枯れ木 .
.
.
.
最終仕上げ .
.

ま、よしとしましょう。フィギュアなど続きはいつか作るかも。

1件のコメント

コメントは受け付けていません。