10/27はまたもや、飯山線SLの試運転が行われる。

前回よりも良い絵がとれるか?先週に引き続き休暇を取り、はせ参じることとした。

今回はカミさんも休暇との由ナビゲーターを依頼し、一路関越道を北へ向かう。

今回は上信越道回りで向かうが、途中の工事渋滞に阻まれ、スケジュールが厳しくなってきた。

img_8684

野沢温泉を餌に依頼したナビゲーターだが、怪しくなってきたので、急遽軽井沢へ向かう。

ザ・プリンスで昼食を取り72を横目に碓氷峠を下った。。。。あれ?

img_8697

さて帰ってきて250LMの最大の難所と思われるライトカバー行程へ突入

img_8700

リムは合わせてあったので、カバーを必死で削り微調整する。

この部品の愛おしさは、カバーとリムの両方をやった人しかわからない。

img_8701

例のごとく木工ボンドで固定していく

筆はモデルカステンのアイフィニッシャー極細である

img_8718

乾燥前なので若干周辺部が白い

img_8722

続いてライトリムも木工ボンド。部品置いて隙間に表面張力で流し込むだけ。

img_8730

完了、はみ出している部分は水で拭けばオケ

キットの素性がいいので楽というか苦労のしがいがあります。頑張れば答えてくれるキットです。

img_8734

さてスモールランプカバーと再度ウィンドウも片づけねば

1件のコメント

  1. 今年は徹夜しなくて済みそうで良かったですね。
    250LMの仕上がり、楽しみにしてます。

    木工ボンドの件、僕もライトカバーやレンズの固定に使いまくってますけど、
    硬化して透明になった後に水分が触れると、再白濁したまま元に戻らないという、
    目も当てられない事例があったのでご注意下さい。

    カミムラ
  2. >カミムラさん
    何とか徹夜無しで、と毎年思ってはいますが、今年こそ!であります
    木工ボンドはやはり湿気には弱いですかね
    なるべく表から見えないようにしていきます

    デモドリ

コメントは受け付けていません。